コラーゲン注入でより美しく

コラーゲンの種類

コラーゲンにはI型とIII型2種類が存在していて、前者は肌の弾力とハリを保ち、後者は黒子的にI型を支えている存在です。
実は、前者のI型よりもIII型の方が重要性は高く、加齢によって最盛期の10分の1にまで減少するとされています。
体から失われていくと、シワの他にくぼみとクマまで発生するので、顔の印影が強くなって陰りを感じさせるようになります。
これこそが肌年齢で、その人の印象を左右してしまう要因の1つです。
ヒアルロン酸も皮下に留まり改善作用を発揮しますが、皮膚の薄い部分への注入が難しく、目の下のクマには使えない欠点があります。
しかも、細かいシワには使いにくく、皮下組織の再生力に期待できないのも気になるところです。
逆に、コラーゲンはとても深いシワを除き、殆どの悩みに幅広く応えられるのが強みです。
両方の併用で相乗作用を引き出すことは可能なので、使い分けの他にも、ヒアルロン酸を補助的に使用する使い方が選べます。
目の下に使用すると、くぼみや色味が改善されて表情が明るく、より健康的な印象に変わります。
所要時間は10分から15分程度ですし、注入後も長く効果が持続しますから、とても快適で長期的に改善した表情が楽しめます。
仕上がりは自然で副作用の心配は殆どなく、アレルギーのリスクも少ないのがヒアルロン酸との相対的な優位性です。
入院や通院は原則不要で、カウンセリングが済めば当日中に直ぐ施術が受けられます。
注射で成分を皮下に入れることから、痛みは気になるところでしょうが、麻酔が用意されているので心配無用です。
それに、皮膚潰瘍や褥創の治療なら保険が適用されるので、美容目的以外だと経済的な負担が大幅軽減となるのが見逃せない点です。
施術できるのは医療機関のみですから、必然的にアフターケアに安心感がありますし、カウンセリングで不安を解消してから施術本番に入れます。
元々深いシワの改善はヒアルロン酸に譲りますが、施術の回数を3回程度に増やせば、自然な仕上がりで改善できます。
割と施術を提供する施設は全国にあって、どの地域でも気軽に受けられるのが良いところです。
安全性は高く持続的な効果が得られますから、加齢などによる見た目の変化が気になる人にとって、現実的かつ有力な選択肢です。

どちらでもないかな🤔
その人がしたい様にすりゃええ🤔
うちもなんなら二重整形したいな〜🤔
あと脂肪吸引と〜コラーゲン注射🤔

あ、今の読み返すと賛成派っぽい笑 #peing #質問箱 https://t.co/6WXL9yNf8Z

— あーみん (@a_mn007) 2019年5月18日

コラーゲン注射は美容業界においては定番!優しく穏やかな表情にする方法コラーゲンの種類